セルフドクターネット-健康美を願う人のための情報サイト
メルマガ会員新規登録 メルマガ会員登録内容変更

日焼け | 日焼け対策

検索
リスト別検索 部位別検索

紫外線を予防して肌のダメージをなくしましょう

小麦色に日焼けした肌は一見、健康的に見えますが、実は皮膚は大きなダメージを受けています。日焼けは皮膚内部に入ってきた紫外線に対して、皮膚がメラニン色素を産出してその侵入を防御するために起こる現象です。シミやシワをはじめとする皮膚の老化につながりますから、とくに20代以降の女性は注意が必要です。そこで、日焼けをしてしまったときの対処法から、日常生活での上手な紫外線の予防法などを紹介します。
※この記事は2003年7月のものです。

鴻巣 道雄 先生

こうのす・みちお 1929年生まれ。'51年、岩手医学専門学校卒業、'53年、東京大学付属伝染病研究所に入所。その後、都立府中病院、都立駒込病院皮膚科医長、江戸川区保健相談所所長、東京都多摩老人医療センター皮膚科部長を経て、現在、東京都多摩老人医療センター非常勤医師を勤める。

日焼け/質問集
Q01日焼けのメカニズムを教えてください!
Q02紫外線って2種類あるって聞きますが?
Q03紫外線対策は夏だけで大丈夫?
Q04日焼けによって肌はどんなダメージを受けるの?
Q05日焼けサロンで焼けば大丈夫?
Q06日焼けでできたシミは一生治らない?
Q07日焼けで病院を訪ねたほうがいいケースは?
Q08日焼けを上手に予防するには?
Q09日焼けと食べ物の関係は?
Q10日焼け止めクリームはどのくらい効果があるの?
Q11つい日焼けをしてしまったときの対処法は?
Q12美しい肌を保つためのアドバイスをお願いします


その他のテーマは、下の2種類の検索方法でご覧いただけます

現在ある質問の中から探せます。
気になる身体の部分から必要な情報が探せます。


トップページへ