四十肩・五十肩を克服しよう

痛みがあるときには湿布が効果的。予防のために適度な運動を慣習にしましょう。

40代50代の人に起こりやすい肩関節の周りに起こる炎症のことを、四十肩、五十肩といいます。腕を動かそうとしたときなどに突然、肩に激しい痛みが起こり、腕を上げる、後ろに回すなどの動作がしにくくなるのが特徴です。通常、半年から1年で自然に治りますが、体操などによって症状をやわらげ、回復を早めることができます。そのために、四十肩、五十肩に関する正しい知識を身につけましょう
※この記事は2003年10月のものです。