脂質異常症危険度チェック

脂質異常症とは、血液中にコレステロールや中性脂肪、遊離脂肪酸などの脂質が異常に増えた状態をいいます。軽度のうちは自覚症状も少なく、重大に考えない人が多いようです。しかし、適切な対処をしないと動脈硬化になって、脳卒中、心筋梗塞などの生活習慣病を招く恐れがあるので十分に注意が必要です。
脂質異常症の主な原因はカロリーオーバーと運動不足。食べすぎや飲みすぎが肥満につながり、脂肪の摂りすぎがコレステロールの数値を上げてしまうのです。
すぐにできる対処として、食事療法や運動療法があります。日々の生活を見直し、健康なライフスタイルをコントロールしていきましょう。

脂質異常症(高脂血症)危険度チェック

採血したときの血清、あるいは血しょうの中性脂肪が150mg/dl以上、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が40mg/dl未満、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が140mg/dl以上という数値が出ると、脂質異常症であると診断されます。1度の採血では判断が難しいので、1カ月間隔で2回検査して、その数値に該当したら「脂質異常症」であるということになります。しかし、これはあくまでも検査をした上でのことですので、受診をする前に、自覚症状で脂質異常症の疑いがあるかどうかをチェックしてみましょう。