骨の健康度チェック

骨の病気は、目に見えず自分でも気がつかないことが多いため、発見が遅れがちです。
加齢に伴って男性、女性に関わらず骨の老化は進み、骨粗しょう症になる恐れもあります。女性は男性に比べて、もともと骨量が少なく、妊娠、出産、授乳を経験すると、骨に必要なカルシウムを大量に子供に分け与えることになります。40代を過ぎたぐらいから骨の健康に注意し、骨量の測定や自己チェックをすることをおすすめします。

骨の健康度チェック

骨の成分が減少し、骨折しやすくなった状態を骨粗しょう症と呼びます。原因は、カルシウム摂取不足、運動不足、性ホルモンの減少の3つがあげられます。極端な例ですが、宇宙飛行士は2~3週間の宇宙飛行で、骨が極端に減少した、という例があります。
女性は50歳前後の閉経期から、男性では70歳前後から性ホルモンが低下するといわれます。性ホルモンは骨の壊れることを防ぐ働きがあり、これらの低下が閉経後、骨粗しょう症の発症に関与しているとも考えられているのです。
骨粗しょう症は予防策がはっきりしているので、日常の健康づくりを心がけ、骨量減少を最小限に食い止める努力をしていきましょう。