ダイエット危険度チェック

万病のもとである肥満を防ぎ、健康な体を維持するために大切なのが「ダイエット」です。飽食とも言われる現代を生きる私たちにとって、健康維持のためにもダイエットをする人が増えています。
ところが最近では、美しくありたいと願う女性などを中心に、無理なダイエットによって体調を崩したり、健康を害したりする人も少なくありません。ダイエットの本来の目的である「健康を維持すること」が、「美しくスリムになること」にすり替わってしまったかのようです。ダイエットのために健康を損ねてしまっては本末転倒です。自分にはどのようなダイエットが必要なのかを正しく判断し、正しい方法で取り組むことが大切です。
あなたのダイエット方法に間違いはありませんか? さぁ、チェックしてみましょう。

ダイエット危険度チェック

「肥満」とは体重が重いことではなく、体に過剰な体脂肪が蓄積している状態をいいます。体脂肪とは皮膚の下や内臓の周囲についた脂肪のことで、筋肉の隙間にも存在します。体脂肪は体脂肪計で測ることができ、一般的に男性は15~20%、女性は20~25%が標準の体脂肪率とされます。男性では体脂肪率25%以上、女性では30%以上が肥満の目安です。
肥満を防ぐことは「過剰な体脂肪を減らすこと」であり、それは「体重を減らすこと」とイコールではありません。体重を減らすために、大切な筋肉や必要な水分を失ってしまっては、肥満同様、さまざまな病気の原因となってしまいます。健康を損なうことなく体脂肪を減らす、正しいダイエット法を身につけましょう。