自律神経失調症危険度チェック

私たちは、自分の意思とは関係なく、体のあらゆる機能をコントロールして生命を維持しています。血管や内蔵の動きを自分で調整することはできませんが、無意識にそれらをコントロールする神経が備わっているのです。生命の維持に関わるあらゆる器官の働きをコントロールする神経、それが「自律神経」です。
何らかの原因で、この自律神経の働きが乱れると、体にさまざまな変調をきたします。頭痛や肩こり、動悸や不眠などの不快な症状があるのに、病院で検査してもらってもどこにも異常はない。そんな経験を持つ方は意外と多いのではないでしょうか。あなたの自律神経が正常に働いているでしょうか?
さぁ、チェックしてみましょう。

自律神経失調症危険度チェック

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2つがあります。交感神経は心と体を活動的にする働きをしていて、主に昼間働く神経です。一方の副交感神経は、心身を休息させる働きをする、主に夜働く神経です。交感神経が体の機能のスイッチを「オン」の状態にし、副交感神経が「オフ」の状態にしているともいえるでしょう。この2つの神経のバランスが崩れた状態が「自律神経失調症」です。
自律神経失調症の症状が現れても、すぐに治ってしまう人もいます。しかし、最初は軽い症状でもそれがどんどんひどくなり、日常生活に支障をきたす人も少なくありません。自律神経はあらゆる器官を支配していますから、その働きが乱れると、全身の機能に悪影響を及ぼし、さまざまな症状が現れるのです。ちょっとした体の変調も自律神経が乱れているサインかもしれません。