花粉症危険度チェック

近年、アレルギー性の疾患に悩む人が急増しているといい、日本では約3割の人がなんらかのアレルギーを持っているそうです。春を迎えるとシーズンとなるのが、スギ花粉症。その要因は、花粉の増加、生活環境の変化、遺伝、疲労、ストレスなどだといわれています。くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどを感じたら、あなたも花粉症にかかっているかもしれません。日々の生活を見直し、症状を改善していってください。すでに花粉症の人もそうでない人も、危険度をチェックしてアレルギー性疾患への対策をたてましょう。

花粉症危険度チェック

アレルギーを引き起こす物質は、おもに空気中を浮遊する物質で、タンパク質または糖タンパク質からなるものです。具体的にはスギ、ハウスダスト、ダニ、カビ、ペットの毛、昆虫(蛾やゴキブリなど)などです。これらの物質が鼻や粘膜から体内に吸収され『異物』と認められて神経や血管などを刺激し、アレルギー症状を引き起こすのです。
花粉症の大多数を占めるスギ花粉症は年々患者数が増加し、低年齢化しているといいます。花粉症は一度かかると残念ながら完治することがほとんどありません。しかし、日常生活の工夫や薬の服用で症状が起こらないようにして生活に支障がないようコントロールできます。さあ、あなたの花粉症危険度を調べてみましょう。