糖尿病危険度チェック

現在、日本には糖尿病患者とその予備軍を合わせると約2050万人にのぼると推定されています。しかし最近では、食生活の変化などが原因で、子どもや若者にも広がってきています。
もはや国民病のひとつといえる糖尿病ですが、初期には自覚症状が出にくいために放置されるケースが多いようです。糖尿病はさまざまな合併症を引き起こすこともありますから、放置してしまうと命にもかかわります。あなたには糖尿病の心配はないでしょうか? さぁ、あなたの糖尿病危険度をチェックしてみましょう。

糖尿病危険度チェック

糖尿病は、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が通常より高い状態が続く病気です。
食物として体内に取り入れられた糖質は、分解されブドウ糖となって血液中に吸収され、全身に運ばれてエネルギー源として利用されます。余ったブドウ糖は、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンが働き、肝臓内でグリコーゲンに変えられてエネルギー源として蓄えられます。グリコーゲンは必要に応じて再びブドウ糖に分解され供給されます。この糖代謝によって、血糖値は一定に保たれているのです。すい臓から分泌されるインスリンの量が少なかったり、作用が弱っていたりすると、血液中にブドウ糖がたまり、血糖値が高い状態が続いたり、尿の中にも糖が排泄されてしまうのです。