肌のダメージ度チェック

高温多湿で日差しが強い夏でも、空気が乾燥する冬でも、肌のトラブルが起こるケースがあります。夏の皮膚トラブルの原因の多くは、紫外線や汗、細菌感染など。冬の場合によく見られるのは、肌の乾燥による湿疹やかゆみです。
皮膚は清潔を保ち、適したケアや十分な睡眠、ストレス解消などで、トラブルを予防してあげると、加齢によるシミやシワ、くすみなどが気にならなくなるものです。さあ、あなたも普段の生活習慣を見直し、肌のケアを実践していきましょう。

肌のダメージ度チェック

夏と冬では肌の状態は変わります。冬は気温が低く空気が乾燥していますから、脂腺や汗腺の働きが低下して、肌が乾燥したりかさついたりします。一方、夏は、多量に汗をかくため、皮脂膜が流れ落ちて皮膚を保護する力が弱まり、真菌や細菌の繁殖を招いて水虫やとびひなどにかかりやすくなるのです。また、汗が皮膚を刺激して炎症を起こし、あせもができたりアトピー性皮膚炎が悪化したりします。
季節に合わせて、自分の肌に適したケアをしていくことで、肌のトラブルは解消することができます。早めに症状を改善するため、自分の肌のダメージ度をチェックしておきましょう。