歯周病危険度チェック

歯周病は、歯の周りに起こる炎症のことで、歯槽膿漏とも呼ばれます。40歳以上で歯を失ってしまう人がいますが、その原因の多くは歯周病だといえます。歯周病の原因は、口の中が不衛生な状態だったり、歯磨きをしなかったり、磨き方に問題があることなどが考えられ、生活習慣病のひとつなのです。
歯や歯の周囲が発する不調のサインを正しく理解し、早めに対処することが歯の健康を保つことにつながります。歯周病になっていないか、歯磨きの仕方に間違いはないか、この機会に確認してみてはいかがでしょう。

歯周病危険度チェック

歯周病の原因は、歯と歯の間にたまる歯垢(プラーク)です。歯垢の中にすんでいる細菌が毒素を出し、歯と歯肉の間に入り込んで歯ぐきに炎症を起こします。その炎症が進んでいくと、歯の周囲の歯根膜を溶かし歯を支えている歯槽骨組織を破壊し、歯が抜けてしまうのです。
最近では、歯周病にかかる人の若年化が見られ、自覚症状がないまま進行しているケースが多いともいわれます。さあ、あなたの歯は健康な状態でしょうか。チェック項目を確認し、正しいケアの方法を身につけましょう。