皮膚トラブル危険度チェック

夏は紫外線が強いうえに、温度も湿度も高くなり空気はジメジメするので、皮膚にはとても過酷な状態です。皮膚の病気も発生しやすく、白癬菌(水虫)、あせも、湿疹、アトピー性皮膚炎やニキビの悪化などがよく見られます。また、過度の日焼けや虫刺され、植物によるかぶれなどのトラブルも起こしやすい季節です。
夏の皮膚トラブルの多くは、紫外線、汗、細菌感染などが原因です。皮膚を清潔に保ち、トラブルを予防するとともに、正しい対処法を身につけましょう。

皮膚トラブル危険度チェック

夏の皮膚は、高温多湿の環境により、細菌やカビが繁殖しやすくなり、感染症が起こりやすくなります。多量に汗をかくので、皮脂膜が流れ落ちて皮膚が弱まり、細菌の繁殖を招くからです。汗は皮膚を刺激して炎症を引き起こし、あせもやアトピー性皮膚炎などが悪化することもあります。
また、強い紫外線に当たると、日焼けするだけでなく、皮膚の抵抗力が落ちていろいろなトラブルを招くことにもなります。さあ、あなたの皮膚トラブル危険度をチェックしてみましょう。