貧血度チェック

血液は全身に酸素や栄養素を運ぶ大切な役割を果たしています。そのため、貧血になると、組織が栄養不足になっていろいろな症状として現れます。
貧血は、『血が薄い病気』だと思っている人が多いかもしれませんが、実際は違います。
血液中に含まれるヘモグロビンの量が減って足りなくなった状態をいうのです。めまいや立ちくらみ、動悸や息切れ、食欲不振などを感じることがあったら、貧血を疑う必要があります。さて、あなたは貧血になっていないでしょうか。もし貧血になっていたら、その予防・改善ができるよう、症状や原因を知っておきましょう。

貧血度チェック

貧血の人の約7割は『鉄欠乏性貧血』です。
体内の鉄分が不足するために、ヘモグロビンが順調につくられなくなるのです。
 血液は血しょうと呼ばれる『液体成分』と赤血球、白血球、血小板という『血球成分』から構成されています。血球成分は、成人の場合、骨髄でつくられ、ヘモグロビンは赤血球に含まれる赤い色素のこと。赤血球がつくられるためには、鉄とタンパク質が必要になります。
 貧血になると、体のあちこちに不調を感じることになります。早く原因を知って症状を改善していくために、チェック項目を確認してみましょう。