シミ・ソバカス危険度チェック

紫外線が気になる季節。シミやソバカスができてしまっても、あきらめてはいけません。メラニンの生成を抑える対処をしていきましょう。メラニン色素が過剰につくられる原因は紫外線です。紫外線を浴び続けると、シミやソバカスだけでなく、肌がカサついたりシワやたるみなどが生じたりすることもあります。また、皮膚ガンを誘発する危険性もあるので注意が必要です。さて、あなたはシミやソバカスができやすい環境にいるでしょうか? チェック項目を調べてみて、美しい肌を保てるよう努力していきましょう。

シミ・ソバカス危険度チェック

シミの原因は主に、女性ホルモンや紫外線です。40歳以降の人は、老人性色素斑といって、長期にわたって紫外線を浴びることが原因でシミになることがあります。また、色素沈着といって化粧品中の色素や香料などによるかぶれのシミもあります。 ソバカスは、メラニン色素が多量に沈着してできるもの。原因の一番は遺伝です。目の下から鼻にかけて左右対称に現れ、紫外線を浴びるたびに斑点が濃くなり、色白の人は目立ちます。遺伝に関係なくても、急激に強い紫外線を浴びると、ソバカスができることがあります。
シミもソバカスも、紫外線が最大の原因。曇りの日でも紫外線はあなたの肌に届いています。外出のときなどは注意をしましょう。