動脈硬化危険度チェック

最近では「血管年齢」という言葉をよく耳にするようになりました。これは血管の老化度、つまり動脈硬化の進行度を表しています。動脈硬化とは、血管の内腔が狭く硬くなり、血液が流れにくくなった状態です。血管はだれでも加齢に伴って老化しますが、現代では食生活の変化などによって、20~30代でも動脈硬化になる人が増えているといいます。動脈硬化が原因で起こる脳卒中や心筋梗塞などを予防するためには、食事、運動など生活習慣の改善がポイントです。あなたは、血管を若くしなやかに保つ生活を送っていますか。さっそく、日ごろのライフスタイルをチェックしてみましょう。

動脈硬化危険度チェック

 動脈硬化の現れ方にはいくつかのパターンがありますが、最も多いのが「粥状(アテローム)硬化」です。これは血管の内壁にコレステロールなどが付着して盛り上がった部分ができ、そのために血管の内壁が狭くなり、血液の流れが妨げられてしまうものです。この状態が続くと、血管は弾力性を失い、もろく破れやすくなります。動脈硬化は初期にはこれといった自覚症状はありませんが、放置すると知らず知らずのうちに進行し、脳卒中や心筋梗塞など命にかかわる病気を引き起こしてしまう危険があります。
  動脈硬化の発症や進行には、脂質異常症(高脂血症)、高血圧、糖尿病、肥満、運動不足、ストレス、加齢、性別、遺伝的素質などさまざまな要因がかかわっています。こうした危険因子の中には、加齢など自分ではコントロールできないこともありますが、多くは生活習慣を改善することで予防が可能です。日ごろの生活をチェックして、あなたの中に潜む動脈硬化の危険因子を探り、予防につなげていきましょう。