血管年齢チェック

“人は血管から老いていく”といいます。最近よく聞かれるようになった「血管年齢」とは血管の老化度、つまり動脈硬化がどれだけ進んでいるかをあらわすものです。現代では食事やストレスなどの影響で、実年齢よりも血管年齢が高い人が増えているといわれます。肌を美しく保つために毎日のスキンケアが欠かせないように、血管を若くしなやかに保つためには、毎日の正しい生活習慣が大切です。さあ、あなたの血管は年齢相応の若さを保っているでしょうか? さっそくチェックしてみましょう。

血管年齢チェック

 血管は、だれでも年齢とともに徐々に硬くなり、老化していきます。血管が弾力性を失って硬くもろくなった状態が、動脈硬化です。動脈硬化は加齢以外にもいろいろな要因が重なり合って起こりますが、なかでも「脂質異常症」は最大の危険因子の1つです。血液中にコレステロールや中性脂肪が過剰になると、血管の内壁にこれらが付着して内腔が狭くなり、血液が流れにくくなります。この状態が続くと、血管は弾力がなくなり、もろくなってしまうのです。動脈硬化自体はほとんど自覚症状がありませんが、放置すると血管がつまったり破れやすくなったりし、脳卒中や狭心症、心筋梗塞など命に関わる重大な病気を引き起こします。
動脈硬化の進行を早める要因としては、ほかにも高血圧、糖尿病、肥満、運動不足、ストレス、喫煙などが挙げられます。血管を若くしなやかに保つためには、毎日の生活の中でこうした要因を避けるよう努めることが大切です。アンチエイジングというと外見的なことにばかり関心がもたれがちですが、最も大切なのは、体の内側の年齢です。気づかないうちに進む血管の老化を抑えるために、まずは生活習慣の問題点を探り、改善につなげていきましょう。