男性特有の不調度チェック

「更年期」というと、女性特有のものと思われがち。しかし最近では、男性にも更年期があり、女性の更年期障害と似たような症状が起こることがわかってきました。男性の更年期障害は、加齢に伴う男性ホルモンの低下が原因の1つですが、心身のストレスなど日ごろの生活習慣も大きく関っています。さあ、あなたは男性更年期障害を疑わせる症状はありませんか? 症状が出やすいような生活を送っていないでしょうか? さっそくチェックして、中年期を上手に乗り切る手がかりにしてください。

男性特有の不調度チェック

 男性の更年期障害は、男性ホルモン(テストステロン)の分泌が減少する45~55歳頃から起こってきます。この年代は社会的責任が重くなり、精神的に強いストレスを受やすい時期です。また、体力的にも徐々に衰えが見え始め、心身ともに不安定な時期といえます。これといった原因がないのに、最近疲れやすくなった、気力が湧かない、眠れない、ほてり、発汗、頭痛、肩こりなどに悩まされる、性欲が落ちてきた、勃起力が弱くなったといった症状があれば、更年期障害を疑ってみてください。
 受診するときは、近くに「男性更年期外来」があればベストですが、精神症状が強い場合は心療内科や精神科、身体症状が強い場合は内科、泌尿器や性機能症状が強い場合は泌尿器科を訪ねるとよいでしょう。しかし、男性ホルモンの測定は泌尿器科を受診してください。更年期は、やがて来る老年期に向けて心身を整える大切な時期です。一人でくよくよ悩まず、パートナーなど身近な人のサポートを受けながら、上手に乗り切っていきましょう。