メタボリックシンドローム危険度チェック

食欲の秋を迎え、つい食べ過ぎてしまいがちという方、お腹周りが気になりだしたら、要注意! 最近何かと話題の「メタボリックシンドローム」とは、肥満、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、高血糖といった動脈硬化の危険因子を複数併せ持っている状態です。ひとつひとつの程度はそれほど高くなくても、こうした危険因子が重なると、動脈硬化を進行させ、その結果、脳梗塞や心筋梗塞など致命的な病気を引き起こすリスクが飛躍的に高まってしまいます。 さあ、あなたにはメタボリックシンドロームの危険信号が出ていないでしょうか? チェックして、予防と改善に役立ててください。

メタボリックシンドローム位度チェック

 お腹の内臓の周りに脂肪がたまる「内臓脂肪型肥満」が、生活習慣病の発症と深く関っていることが分かっています。メタボリックシンドロームは、この内臓脂肪型肥満に動脈硬化を促進する危険因子が複数重なった状態です。現在の日本の基準では、腹囲(へそ周りのサイズ)が男性85㎝以上、女性90cm以上であると内臓脂肪型肥満とみなされ、これに加えて、(1)高血糖(空腹時血糖値が110mg/dl以上) (2)高血圧(最高が130mmHg以上、または最低が85mmHg以上)(3)脂質異常症(HDLコレステロール値が40mg/dl未満、または中性脂肪値が150mg/dl以上)のうち2つ以上当てはまる場合、メタボリックシンドロームと診断されています。
メタボリックシンドロームを予防し、危険な病気を遠ざけるためには、まず肥満を解消し、適正体重を維持することが何よりも大切です。あなたは、食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足など、生活習慣に問題点はないでしょうか? よく見直して、できる限り改善に努めていきましょう。