脂質摂り過ぎ度チェック

脂質は、糖質、タンパク質と並ぶ3大栄養素の1つ。体内では1グラム当たり9キロカロリーのエネルギー源となるほか、細胞膜やホルモンの材料になるなど、生命維持に欠かせない大切な働きをしています。ところが、摂り過ぎてしまうと、体脂肪として蓄えられて肥満を招いたり、脂質異常症(=高脂血症)、動脈硬化、心臓病など、さまざまな生活習慣病の原因になることが問題です。脂質の摂取量をいかにコントロールするかは、生活習慣病を予防するうえで、重要なポイントといえるでしょう。さあ、あなたは、脂質オーバーになっていませんか? さっそく、チェックしてみましょう。

脂質摂り過ぎ度チェック

日本人の食生活が欧米化するのに伴い、脂質の摂取量は増え続け、ほとんどの人がこれ以上脂質を摂る必要がなく、むしろ減らしたほうがよい状態にあります。脂質の理想的な摂取量は、総エネルギーの20~25%、成人では、1日50g程度が目安です。これは、植物油やバターなど調理に使う油脂と、食品そのものに含まれている脂質を合わせた量です。食品中の「見えない脂質」は意識されにくく、知らずに過剰摂取になりやすいので注意しましょう。
また、脂質は量だけでなく、質を考えて摂ることも大切です。肉類やバターなどの動物性脂肪には、中性脂肪やLDL(悪玉)コレステロールの増加につながりやすい「飽和脂肪酸」が多いのに対し、オリーブ油や菜種油などの植物油には、LDLを減らす働きのある「不飽和脂肪酸」が多く含まれています。サバやイワシなどの青魚に含まれる脂質も、この不飽和脂肪酸の一種で、血液中の中性脂肪やLDLを下げる効果が知られています。脂質は適量を賢く摂って、健康的な生活に役立てたいものですね。