コンタクトレンズトラブル度チェック

最近はコンタクトレンズもいろいろな種類が登場し、より手軽に利用できるようになりました。
その一方で、基本的な使用法やケア法を誤って、目のトラブルを招くケースが増えています。
あなたは正しく、快適に使いこなしているでしょうか? さっそくチェックしてみましょう。

コンタクトレンズトラブル度チェック

 コンタクトレンズによるトラブルの多くは、目に合わないレンズを使い続けたり、レンズの洗浄が不十分だったり、決められた装着時間を守らなかったりすることが原因で起こるものです。最近はとくに、使い捨てタイプのソフトコンタクトレンズによるトラブルが増えています。ソフトレンズはハードレンズに比べて異常を感じにくく、目の痛みや充血などに気づいたときには、症状がかなり進行してしまっているケースもあります。コンタクトレンズを使用して少しでも違和感をおぼえることがあれば、早めに眼科医を受診してください。コンタクトレンズは医療機器であり、眼科医の検査と処方を受けて購入するのが決まりです。検査を受けずにレンズだけを買うことは避け、使用中は3カ月に1度は定期検査を受けるようにしましょう。