子宮頸がん知識度チェック

子宮頸がんは今、20~30代の女性に爆発的に増えています。ところが若い女性の頸がん検診率は10%未満。子宮頸がんは自分で予防できるがんです。子宮頸がんについて理解を深めるために、あなたの知識をチェックしましょう!

子宮頸がん知識度チェック

 子宮がんは、できる場所によって「子宮体がん」と「子宮頸がん」に分けられ、この2つは原因や病態、好発年齢などに違いがあります。子宮体がんは子宮の奥(赤ちゃんが育つところ)にできるがんであるのに対し、子宮頸がんは子宮の入り口の膣に近い部分にできるがんです。子宮頸がんは近年、若年層の発症が急激に増えていることが問題となっています。これは、子宮頸がんについての正しい知識が不足していることと、検診を受ける人が少ないことが原因です。国や自治体では、子宮頸がん検診の受診率を上げるために、検診の費用の補助や、特定の年齢の人を対象にした無料クーポンの発行などを実施しています。また、会社員やその家族なら企業が行う健診で受診することも可能です。こうした制度を積極的に利用して定期的にチェックし、大切な自分の体を守っていきましょう。