主婦湿疹対策度チェック

手のカサカサやひび割れ、かゆみなどの症状が気になっている人はいませんか?
もしかするとあなたの手荒れは、水仕事などで起きやすい「主婦湿疹」かもしれません。
空気が乾燥する秋冬は、肌トラブルも増える時期。適切なケアで予防と改善に努めましょう。

主婦湿疹対策度チェック

主婦湿疹とは、主に炊事や洗濯などの水仕事を原因とする手荒れで、正式には「慢性刺激性接触皮膚炎」といいます。洗剤やせっけんなどの慢性的な刺激によって皮膚のバリア機能が破壊されて起こるもので、主婦に限らず、飲食業の人や美容師、医療従事者などにもよくみられるものです。症状は個人差がありますが、一般には指先や手のひらがカサカサに乾いて皮がむけ、ひどくなるとひび割れて痛んだり、かゆみを伴うブツブツや水ぶくれができたり、ジクジクとただれた状態になったりします。秋口から冬場は空気の乾燥に加え、高温の湯を使う機会が増えることなどで皮膚のバリア機能が低下しやすく、主婦湿疹になる人が増え、症状も悪化しがちなので注意が必要です。日ごろから手をいたわる生活を心がけるとともに、手荒れがなかなか治らない場合は早めに皮膚科の専門医に相談してください。