かぜ薬ののみ方チェック

今年もかぜの流行シーズン到来。かぜ薬のお世話になる機会が増える季節です。
かぜ薬は最も身近な薬だからこそ、効果的なのみ方をきちんと知っておきたいもの。
あなたは正しく、上手に利用できているでしょうか? チェックしてみましょう!

かぜ薬ののみ方チェック

かぜの8~9割は、ウイルスの感染が原因で起こります。かぜ薬はこのウイルスに直接作用するものではなく、熱、咳、鼻水、のどの痛みといったかぜに伴う辛い症状を緩和し、回復を助けるものです。市販のかぜ薬には、いろいろな症状に対応する「総合感冒薬」と、個別の症状に効く薬(「解熱鎮痛(げねつちんつう)薬」「鎮咳去痰(ちんがいきょたん)薬」「鼻炎薬・点鼻(てんび)薬」など)があり、どのかぜ薬が適しているかは、使う人の症状、年齢、体質などによります。自分で判断できない場合は、薬局、薬店の薬剤師や医師に相談してください。かぜを早く治すには、薬に頼るだけでなく、体の免疫力を落とさないことが大切です。かぜをひいたかなと思ったら、安静にして栄養のあるものを摂り、ゆっくり休むこと。また、予防のために、日ごろからうがい、手洗い、マスクの着用を習慣づけるようにしましょう。