月経前症候群不快度チェック

月経前に起こるイライラやむくみなどの不快症状は「月経前症候群」と呼ばれます。
人によっては、仕事や家事が手につかなくなったり、人間関係に支障をきたしたりすることも。適切な対処法を身につけるために、まずはあなたの症状やライフスタイルをチェック!

月経前症候群不快度チェック

排卵から月経開始までの時期は、女性が不調に悩まされやすい時期です。よく見られるのは、むくみ、肌荒れ、便秘、腹痛、頭痛・頭重感(ずじゅうかん)、肩こり、腰痛、倦怠感(けんたいかん)、乳房の張りといった症状。そのほかに、イライラしたり、憂うつ感や不安感に襲われたり、集中力が低下したりといった心の症状が起こる人もいます。「月経前症候群(PMS)」は、こうした症状がひどい場合をいい、原因には女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)が関係していると考えられていますが、詳しいことはまだよくわかっていません。月経前の不快症状が強く現れるかどうかは個人差が激しく、体質のほか、精神状態、体調、生活習慣なども大きく影響します。そのためこの時期は無理を避け、ストレスをためないよう心がけることが大切です。それでも辛い場合は一人で悩まずに、早めに婦人科を受診して相談してください。