女性のデリケートエリアのかゆみ対策度チェック

デリケートエリアの悩みは、なかなか相談しにくく、自分で何とかしようとする人が多いもの。でも、ときには間違ったケアで、症状を悪化させているケースもあるので注意が必要です。あなたは気になるかゆみの対策、できていますか?チェックして予防と改善に役立てましょう。

女性のデリケートエリアのかゆみ対策度チェック

デリケートエリア、すなわち外陰部のかゆみは、女性がもっとも多く訴える悩みの1つです。外陰部は構造上蒸れやすいうえ、下着やナプキンに接触したり、尿やおりもの、経血などが付着したりして、常に刺激にさらされています。デリケートエリアのかゆみは、こうした刺激によって起こるかぶれ(接触性皮膚炎)のケースがほとんどで、多くは原因となっていることを取り除けば改善が見られます。また、女性ホルモンの変化や体調の変化などによって、皮膚や粘膜がいつもより敏感になったり、蒸れやすくなったりしてかゆみが起こることもあります。こうした場合はとりわけ、皮膚への刺激を少なくするよう心がけることが大切です。ただし、かゆみの中には、細菌や真菌などの感染が原因のケースもあります。強いかゆみがいつまでも続く場合や、ほかに気になる症状がある場合は、早めに婦人科に相談してください。