あなたの薬管理度チェック

大抵の人が、急な病気やけがに備えて家庭に何らかの医薬品を用意しているはず。
でも、いざというときに安心して使えるように、きちんと管理ができていますか?
そろえておきたい薬や正しい保管法を知り、セルフメディケーションに役立てましょう。

あなたの薬管理度チェック

日常で起こるちょっとしたけがや、病院へ行くほどではない軽い病気などに対処するために、家庭にはひと通りの薬や救急用品を備えておきたいもの。常備しておくとよいものとしては、内服薬では解熱鎮痛(げねつちんつう)薬、かぜ薬、胃腸薬、下痢止め、整腸薬など。外用薬では消毒薬やうがい薬、かゆみ止め軟膏や湿布薬などが挙げられます。また、ばんそうこうやガーゼ、包帯、マスクといった衛生用品や、体温計、氷のうなども家族構成や生活スタイルに応じてそろえるようにしましょう。これらは救急箱などにまとめて、誰もがすぐ分かり、取り出しやすい場所に置き、定期的に点検して、使用期限の切れたものを新しいものと入れ替えたり、なくなったものを補充したりすることが大切です。どんな医薬品をそろえたらよいのか分からない場合は、薬局・薬店の薬剤師に気軽に相談してください。