受動喫煙リスク度チェック

たばこを吸わない人が、意図せず吸わされてしまう「受動喫煙」の害が問題になっています。
特に女性の場合は、妊娠や出産などに影響するケースもあるので軽視はできません。
吸う人も吸わない人も、受動喫煙のリスクを知り、たばこと健康について考えてみましょう。

受動喫煙リスク度チェック

非喫煙者でもたばこを吸う人の周囲にいれば、喫煙者が吐き出す煙や、たばこから立ち上る煙(副流煙)にさらされることになり、これを「受動喫煙」と呼んでいます。たばこの煙にはニコチン、タール、一酸化炭素など体に有害な物質がたくさん含まれますが、実はこうした有害物質は喫煙者本人が吸い込む煙よりも副流煙のほうに多く含まれているのです。受動喫煙では目の痛み、鼻水、頭痛、咳(せき)といった急性の症状が引き起こされるだけでなく、長期的には肺がんをはじめ各種のがんのリスクが高まり、呼吸器や循環器の病気を起こしやすくなることがわかっています。また、妊娠中の女性では、胎児の発育に影響したり、流産や早産の比率が高まる危険もあり、注意が必要です。意識して煙を避ける生活を心がけるとともに、周囲の人に受動喫煙のリスクを理解してもらい、職場や公共の場での禁煙や分煙を働きかけていきましょう。