ストレスと胃のトラブルチェック

心配事を抱えて食欲がなくなったり、緊張で胃が痛くなったりした経験はありませんか?何かにつけてストレスの多い現代社会は、胃にとって過酷な状況です。ストレス性の胃のトラブルに対処するために、症状や生活習慣をチェックしましょう!

ストレスと胃のトラブルチェック

胃はストレスによってトラブルを起こしやすい臓器です。これは、胃の働きが自律神経によってコントロールされていることと関係しています。自律神経には活動時や緊張時に働く「交感神経系」と、リラックス時に働く「副交感神経系」の2つがあります。通常はこの2つがバランスを取りながら働いているのですが、ストレスを受けるとバランスが崩れ、胃の働きにも乱れが生じます。その結果起こるのが、胃もたれ、食欲不振、胃痛、胸やけといった様々な胃のトラブルです。現代の社会環境からストレスを完全になくすことは困難ですが、自分なりの工夫でストレスの原因から上手に間を置く工夫をし、ストレスをためないよう心がけましょう。また、気になる症状が続く場合は、早めに内科や胃腸科、消化器科を受診し、検査と治療を受けるようにしてください。