脂質異常症度チェック

脂質異常症は、血液中のLDLコレステロールや中性脂肪が増え過ぎた状態、あるいはHDLコレステロールが少な過ぎる状態を指しています。自覚症状がないからといって放置すると、時には致命的な病気を引き起こすことも。あなたの脂質異常症リスクをチェックして、毎日のセルフケアに役立ててください。

脂質異常症度チェック

血液中に溶け込んでいる脂質には、コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の4種類があります。このうちLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が多過ぎる状態、あるいはHDL(善玉)コレステロールが少な過ぎる状態を脂質異常症と呼んでいます。脂質異常症の中には遺伝的な要因や他の病気が原因となるものも見られますが、多くは生活習慣の乱れが原因です。とりわけ食生活とのかかわりは深く、高脂肪の食品や甘い物の摂り過ぎ、お酒の飲み過ぎなどは、脂質異常症を招く大きな要因となります。脂質異常症はほとんど無症状のまま進行しますが、放置すれば動脈硬化を進め、心筋梗塞や脳卒中といった命にかかわる病気を引き起こすこともあります。「血清脂質値の異常」は、体からのシグナルと受け止め、生活習慣の見直しを中心に取り組んで動脈硬化の予防・改善に努めましょう。