AND PET

会話が減っていませんか?
AND PET · 2021/04/05
 最初に新型コロナウィルス感染症緊急事態宣言が発出されたのは、2020年4月7日。それから約1年、職場がリモートワークを導入したこともあり、基本的には自宅に籠って過ごしてきました。リモートワークのメリット、デメリットは様々ありますが、自分も、そして周囲も意外なほどスムーズに移行できたと感じています。また、そのような状況であるため、近所への買い物や一人ランチ、ウォーキングなどはしたものの、お盆や正月などの帰省は控え、友人との会食もこの1年で数えるほど。同じように過ごされた方も多いのではないでしょうか。  リモートワークのデメリットを考えると、運動不足による体重増加や筋力低下も深刻ですが、実は一番気になっているのが顔のたるみです。その原因は、人に会う機会の減少やマスク生活で顔に緊張感がなくなり、筋肉が油断して衰えるから…という説もありますが、会話が減ったことの影響も大きいのではないかと私は考えます。  DMM英会話が行った調査では、コロナ禍前に比べて会話が「かなり減った」「少し減った」という人の割合は60%近くにのぼります。自分の生活を顧みても、外出が制限されて人と会わなくなり、会ったとしても以前のようにおしゃべりに興じることはなくなりました。オンラインでのミーティングはありますが、近所の人との挨拶や買い物中の店員さんとのちょっとしたやりとりすら減少しているので、この調査結果には大きく頷けます。
あなたはペットとの暮らしに何を求めますか?
AND PET · 2021/03/18
 今、ペットを飼い始める人が増えています。一般社団法人日本ペットフード協会が犬と猫の飼育頭数を調べたところ、飼育頭数自体は概ね横ばいであるものの、1年前から1年以内に新たに飼育を始めた人が飼育している頭数は、2020年は対前年比で10%以上も増加していたそうです。これは、コロナ禍における在宅時間の増加や自粛生活のストレスなどが関係したと考えられないでしょうか。  実際に、au損害保険株式会社の調査結果を見ると、「おうち時間を楽しく過ごすため」に飼い始めたという人が、コロナ禍以前より10%以上増えています。また、MOFFMEが2020年4月以降にペットを飼い始めた人を対象に調査したところ、「癒やされるから」「以前から飼いたいと思っていたから」「おうち時間が増えたから」が飼育理由の上位を占めており、こちらもコロナの影響を感じさせる結果となりました。