ヘルス&ビューティ研究所
report06 グルコサミン研究室
グルコサミンは関節痛の救世主!
グルコサミンって何?
関節痛への有効性
血液サラサラ作用
グルコサミンの上手な摂り方
グルコサミンって何?

関節の働きに欠かせない成分
年齢とともに、合成量が減少
変形性関節症とグルコサミン
カニやエビが原料の天然由来成分
ヨーロッパでは医薬品として活躍

■ 変形性関節症とグルコサミン
年齢などに伴って、関節軟骨が変形してすり減り、痛みを感じるようになる症状を「変形性関節症」といいます。加齢以外にも、スポーツのしすぎや肥満、過去に起こしたケガなどが原因で、関節に負担がかかり、この病気を患ってしまう方も多いようです。

この症状は、例えば機械を長く使ったり、酷使しすぎたりすると、金属がさびて動きが悪くなってしまう“金属疲労”のようなもの。からだの状態を正しく理解して、上手に付き合っていくことで、痛みを軽減したり、健康を長く保つことができます。
加齢とともに減っていく「グルコサミン」を、積極的に補給することは、そのひとつのケア方法です。痛みを感じたら、まずは早めに専門医の診断を受け、毎日適切なケアをしていきましょう。

戻る
 / 2 / 
次へ
Copyright(C) Selfdoctor.net All Rights Reserverd.
ヘルス&ビューティー研究所