ヘルス&ビューティ研究所
report03 コエンザイムQ10研究室
ショウガは、冷えやすい女性の味方!
ショウガって漢方なの?
冷え症を救う!ぽかぽかパワー
ダイエットに!体脂肪燃焼作用
世界中で愛されるショウガ
世界中で愛されるショウガ

ジンジャークッキーは、国王の形?
東洋医学では、乗り物酔いに
「薬味」は「クスリ」?
ショウガの簡単おすすめレシピ

■ 「薬味」は「クスリ」?
日本食に欠かせない、ショウガ、ワサビ、ねぎ、山椒などの「薬味」。料理に添えることで、その味や香りを引き立てる役割をしています。また、食欲増進や、殺菌・抗菌など、からだへのさまざまな効果をもつことから、「クスリ」のような働きをするものという意味で、「薬味」と名付けられたのかもしれません。
お寿司のガリや、カツオの刺身に添えられるおろしショウガなどは、「ショウガ」の殺菌作用を活かした代表的な例で、食中毒の予防になります。また、生の魚はからだを冷やしてしまう性質があるのですが、「ショウガ」を一緒にとることで、胃腸を冷えから守り、消化をサポートしてくれる働きもあります。
薬味のさまざまな使い方には、古くからの日本人の知恵がたくさん隠されているようです 。

■ ショウガの簡単おすすめレシピ
「ショウガ」のパワーを手軽に取り入れたいなら、1日小さじ1杯ぐらいのおろしショウガ(チューブでもOK)を、熱湯や紅茶に溶かし入れて「ショウガ湯」や「ショウガ紅茶」はいかがでしょうか?ハチミツや黒砂糖で味をととのえるとお子様にも飲みやすくなります。
今回は、簡単にできる「ジンジャークッキー」、ちょっととろみのついた「ショウガ湯」をご紹介。最近は市販のショウガ入りドリンクなども増えてきていますので、それらを上手に活用するのもおすすめです。
●ジンジャークッキー
材料(約40枚分)
薄力粉・・・・・・・・・・・130g
ベーキングパウダー・・・・・小さじ1/4
ジンジャーパウダー・・・・・小さじ1.5
黒砂糖・・・・・・・・・・・・・40g
無塩バター・・・・・・・・・・・65g
はちみつ・・・・・・・・・・・・20g
卵・・・・・・・・・・・・・・・1/2個
アーモンドパウダー・・・・・・・20g
(1)Aの材料を合わせてふるっておく。バター、卵は室温に戻しておく。
(2)ボールにバターを入れ、ハンドミキサー(泡立て器でも可)でホイップ状になるまで混ぜる。黒砂糖を入れてよく混ぜ、さらに溶いた卵を加えて混ぜる。
(3)(2)にアーモンドパウダーを入れてから、はちみつを加えてよく混ぜる。
(4)(3)にAをふるい入れてゴムベラで混ぜ、ひとまとまりにする。生地を二つに分けてそれぞれを直径4cmの棒状にし、ラップで包んで冷蔵庫で1時間寝かせておく(冷蔵庫に入れやすいように、棒状の生地は適当な大きさに切り分けてもよい)。
(5)少し硬くなったら冷蔵庫から取り出し、包丁で5mmの厚さに切る(めん棒で5mmに伸ばして、ジンジャーマン型などで抜き取ってもOK)。オーブンシートを敷いた天板に生地がくっつかないように2〜3cm隙間を空けながら並べておく。
(6)180℃に温めておいたオーブンで10〜15分くらい焼く。ほんのりキツネ色になったらできあがりです。

●とろとろショウガ湯
材料(1人分)
ショウガ・・・2カケ分
水・・・・・・・・・・・・200cc
片栗粉・・・・・・・・・・小さじ1杯
砂糖・・・・・・・・・・・適量
(1)ショウガをすりおろします。
(2)鍋に水と片栗粉、砂糖、(1)のショウガを入れます。
(3)鍋を火にかけて、かき混ぜながら煮立たせ、とろみが出たらできあがりです。
戻る
 / 2  
Copyright(C) Selfdoctor.net All Rights Reserverd.
ヘルス&ビューティー研究所