ヘルス&ビューティ研究所
report9 西洋梨研究室
西洋梨の歴史と種類
からだをやさしく整えるチカラ
話題の成分「フィトケミカル」にも注目!
透明感の際立つ白い肌に!
西洋梨をおいしく手軽に!
からだをやさしく整えるチカラ

私たちのからだに欠かせない「カリウム」
スムーズなお通じや消化をサポート!
生活習慣病予防に、もっと西洋梨を!

■ 私たちのからだに欠かせない「カリウム」
西洋梨にはいろいろな栄養分が含まれていますが、中でも豊富なのが「カリウム」です。カリウムとは、ナトリウムとともに私たちのからだを流れる体液をつくっている成分。私たちの体内には、体重の約0.2%のカリウムが存在しており、細胞内での酵素の働きを助けるなど、生命を維持するための大切な働きに関係しています。また、利尿作用によって腎臓の老廃物の排泄を助けたり、
筋肉の動きを円滑にしたりと、からだを健やかに保つために欠かせない栄養素なのです。

カリウムには、余分なナトリウムが腎臓で再吸収されるのを防ぎ、尿への排泄を促して血圧を下げる作用もあるため、「高血圧」や「むくみ」などの予防が期待できます。昨今は、塩分(ナトリウム)の摂り過ぎがまねく、高血圧をはじめとするさまざまな病気が問題視されています。それらを予防するためにも、カリウムを摂って余分なナトリウムの排出を促し、体内のバランスを保つのがよいと考えられています。

カリウムは普通の食事で不足することはまずありませんが、外食やインスタント食品に頼りがちで塩分の摂り過ぎが気になる人、アルコールやコーヒーなどをよく飲む人は、積極的に摂るようにした方がよいかもしれません。カリウムを摂る際、野菜なども優れた供給源になりますが、味付けによって塩分も多くなってしまったり、加熱によってカリウムが失われたりしてしまうのが難点。西洋梨はそのまま生で食べられるうえに、ナトリウムをほとんど含んでいませんので、このようなフルーツを食生活にプラスしていくことが、健康への近道になりそうです。

■ スムーズなお通じや消化をサポート!

西洋梨は、カリウムのほかにも、私たちのからだを整えるさまざまな成分を含んでいます。例えば、水溶性の「食物繊維」。便秘解消に役立つのはもちろん、食後の血糖値の急激な上昇を防ぐ、コレステロールの吸収を抑えるなどの働きがあり、糖尿病や動脈硬化の予防にもよいと言われています。

また、甘味成分「ソルビトール」にも、便のpHを酸性にし、吸水作用によって腸の働きをサポートするほか、カロリーが低い、虫歯のもとになりにくいなどのうれしい特長があります。さらに、西洋梨は果実の約85%が水分でできていますが、この水分も便を柔らかくして、スムーズなお通じをサポートしてくれます。

西洋梨にはたんぱく質分解酵素も含まれるので、消化を助けてくれる働きも期待できます。疲れが溜まって胃腸がバテ気味な時や、食物繊維が不足しがちな肉料理などを食べた後のデザートなどに、特におすすめです。

  1 / 
次へ
Copyright(C) Selfdoctor.net All Rights Reserverd.
ヘルス&ビューティー研究所