ヘルス&ビューティ研究所
report11 ザクロ研究室
世界中で重宝された果実
漢方薬としての「石榴」
女性のホルモンバランスに
ザクロの美白・美肌作用
研究が続くザクロパワー
漢方薬としての「石榴」
ザクロが日本に渡来したのは平安時代。薬用の目的で中国から伝わったのではないかと言われています。

ザクロは漢字で「石榴」と書きますが、これは中国の漢の時代で呼ばれていた「安石榴」の略であるようです。

「安石」とはペルシャ(ザクロの原産地・現イラン)のこと、「榴」とはコブのことで、ザクロの果実の形がごつごつとしたコブに似ていることから「ペルシャから来たコブのような果物」という意味でそう呼ばれたと言われています。

ザクロは中国では漢方薬として重宝され、中国最古の薬物学書「神農本草経」を補足する本草書「名医別録」にも、「安石榴」の名前でザクロについてのことが収載されています。

生薬名は、果実の果皮を乾燥させたものが「石榴果皮(セキリュウカヒ)」、根を乾燥させたものが「石榴根皮(セキリュウコンピ)」と呼ばれています。働きとしては、下痢止め、整腸、止血、駆虫薬など。殺虫作用については、果皮よりも根の方が強いと言われています。

古くから漢方薬としても人々に親しまれ続けたザクロ、そのパワーにはまだまだ秘密がありそうです。
Copyright(C) Selfdoctor.net All Rights Reserverd.
ヘルス&ビューティー研究所