第9回(2011.6.1 Vol.57[夏号])

自分の健康を管理するのは、あなた自身です。知識を持っていれば、体調の変化や急な病気に対応できるだけでなく、日々の健康管理に役立てることができます。あなたのセルフドクター力を試してみましょう

問題答え

健康情報誌「季刊セルフドクター」夏号p.54に掲載中の 『セルフドクター検定』解答を発表します! 季刊セルフドクター http://www.selfdoctor-magazine.jp/

問1高尿酸血症について、間違っているものはどれ?

  1. メタボリックシンドロームと関係がある
  2. 尿酸値が7.0mg/dlを超えた状態
  3. 痛風の発作を引起す
  4. 女性のほうがかかりやすい

問2夏に子どもに流行しやすい感染症はどれ?

  1. 手足口病
  2. 変形性膝関節炎
  3. 花粉症
  4. 帯状疱疹

問3かゆみを早く鎮めるために、不適切なものはどれ?

    1. 患部を包帯などで巻き、保護する
    2. かゆい時には我慢せずにかく
    3. 皮膚科を受診する
    4. 副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)を利用する

問4夏バテが原因で起こりやすい症状はどれ?

  1. 目の疲れ
  2. 胃もたれ、食欲不振
  3. 膝の痛み 4. 腰の痛み

問5薬と薬の添付文書について、間違っているものはどれ?

  1. とりあえず薬をのみ、何か起きたときに添付文書を見る
  2. 読んでも理解できない場合は、薬剤師に相談する
  3. 添付文書には、冒頭にその薬の注意事項が記載してある
  4. 気をつけたい薬ののみ合わせの確認にもなる

問6漢方について、正しい考え方はどれ?

  1. 漢方薬に全面的に頼るとよい
  2. 漢方薬には副作用がない
  3. 感情は臓器の働きに影響を及ぼす
  4. ある症状を一時的に抑える対処療法が得意

問7夏が旬でビタミンCが豊富な野菜とは?

  1. サツマイモ
  2. ゴーヤ
  3. イチゴ
  4. ダイコン

問8肩こりを防ぐ工夫として、有効なものはどれ?

  1. パソコンの画面は、斜め上から見るよう設置する
  2. いすには背中を丸めた姿勢で座るとよい
  3. 肩まわりの筋肉はあまり動かさないほうがよい
  4. カバンはいつも同じ側の腕で持ったほうがよい