中村先生に聞く!ロコモのいろいろ

「ロコモ」提唱者!中村先生からのメッセージ

「腰や膝が痛くなったり、歩けなくなるなんて、自分にはまだまだ関係ない」と思っていませんか?
データからみても体力が落ちてくるのは、40代。手術が必要なほどの運動器の痛みや障害が急増するのは50代から。そう見ると、30〜40代からからだのしくみを正しく知り、からだを使うことを意識することの大切さがが分かると思います。ぜひ、ライフスタイルを見直して、気持ちよく動かせるからだを生涯キープしていきましょう。

【プロフィール】中村 耕三(なかむら・こうぞう)先生
国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局長。
専門:感覚運動機能医学、整形外科。
経歴:1947年生まれ。73年東京大学医学部卒業。
「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」の概念の提唱者。

今日からできる予防・改善!ロコトレ

バランス感覚&脚を鍛える!「開眼片足立ち」

バランス感覚&脚を鍛える!「開眼片足立ち」

足腰を強くしたいなら!スクワット

足腰を強くしたいなら!スクワット

ロコトレにぴったり!おすすめスポーツ

ロコトレにぴったり!おすすめスポーツ

ライフスタイルでわかる膝の痛み危険度チェック!

膝の痛み、感じることはありませんか?「座る」「立つ」「歩く」などの動作を支える、大切な膝の健康をチェックしてみましょう!