ねばねばパワーの秘密(2)

朝食に納豆だけは欠かさないという人、そばは山かけと決めている人……、私たちの日常にはねばねば食品がいっぱい。ヘルシーライフのためには積極的に摂りたいものです。健康によいと分かっていても、その成分や効能は意外と知られていない「ねばねばパワー」の源を探ります。

☆長寿県・沖縄の秘密はこんぶにあり

長寿の国、日本の中でも群を抜いているのが沖縄県です。
近年、その長寿の秘密は国内外から注目され、伝統的な食文化が紹介されています。
中でもムチンも多く含むこんぶの消費量は日本でもトップクラス。
肌に潤いを与え、老化防止にも役立つこんぶを、野菜と同じように食すといわれる沖縄の人々。
長寿の秘密はそんな自然の恵みにありそうです。

☆山のウナギ=山いもは滋養強壮の源

数多いいも類の中で唯一生で食べることができるのが山いもです。
アミラーゼといわれるデンプン分解酵素が含まれているため食物の消化を助け、疲れた胃腸をいたわる役割も。
ムチンのほかにコリン、サポニンといった栄養素は疲労回復や虚弱体質の改善にも効果があり「山のウナギ」といわれる所以です。

<ぬめりは残して!>

ほくほくとした里いもはおいしいもの。しかし、調理の際にぬめりが気になって塩もみしたり、ゆでこぼすという人も多いのでは? これでは大切なぬめりを捨ててしまうことになります。サッと下ゆでする程度にして滋味をいただきましょう。