selfdoctor.net plus キレイLAND!女性のカラダのはなし
「 selfdoctor.net plus」は「selfdoctor.net」の特集サイトです。
feature03:体の変わり目世代は要注意!女性だけのトラブル
女性のライフステージと女性ホルモン
これってプレ更年期なの?
最近、月経は順調ですか?
心配な子宮と卵巣のトラブル
乳房のしこりや腫れは大丈夫?
監修
吉野 一枝 先生

よしの・かずえ
1954年生まれ。コマーシャル制作会社等を経て、32歳で帝京大学医学部入学。93年帝京大学医学部卒業。東京大学医学部産科婦人科学教室、母子愛育会愛育病院、都内のクリニックの婦人科勤務などを経て、03年女性の体と心の悩みに幅広く対応するクリニック「よしの女性診療所」を開業。産婦人科医・臨床心理士。

女性のライフステージと女性ホルモン

30代半ばから40代半ばにかけては女性の成熟期。しかし一方で、女性が体の衰えを実感しはじめる時期でもあります。それに大きく関っているのが女性ホルモン。まず、女性ホルモンの仕組みと働きについて知りましょう。
01 女性ホルモンってスゴイ!
02 ある時期から急激に減るのが女性ホルモンの特徴
03 体の変わり目世代ってどんな時期?
 ■01 女性ホルモンってスゴイ!
〜卵巣から分泌される2つのホルモンが、女性の健康をバックアップしています〜
女性の体は、小児期から老年期までライフステージに応じて刻々と変化していきます。
その変化に大きく関っているのが女性ホルモンです。

女性ホルモンとは卵巣から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類をさします。
卵巣は、脳の視床下部と呼ばれるところから指令を受けて、この2種類のホルモンを周期的にバランスよく分泌し、分泌されたホルモンは血液に乗って全身に送られます。

女性ホルモンは妊娠に備えるからだづくりをするだけでなく、骨の健康や肌の健康など女性の体をさまざまな面からサポートする重要な働きをしています。
女性の体は、女性ホルモンによって守られているといえるのです。
【こんなにある女性ホルモンの作用】
骨では・・・骨の代謝に関って、骨を丈夫に保ちます
皮膚では・・・コラーゲンの生成を促して張りのある肌をつくったり、シミ、シワを防ぎます
髪では・・・たんぱく質の代謝を高めて髪をつややかにします
循環器では・・・悪玉コレステロールの増加を防ぎ、心臓や血管の病気にかかりにくくします
脳では・・・脳細胞の機能を維持したり、体温中枢に働きかけて体温を調節します
生殖器では・・・妊娠、出産に向けて成熟を促し、月経のリズムをつくります
乳房では・・・乳房を発達させ、ふっくらとさせます
エストロゲン(卵胞ホルモン) 卵子の素を成熟させたり、子宮内膜を厚くして妊娠の準備をするとともに、女性らしいふっくらとした体型をつくったり、骨や肌を健康に保つ働きをします。
プロゲステロン(黄体ホルモン) 排卵後に分泌され、妊娠しやすいように子宮の状態を整え、体に水分や栄養分をため込んだり、粘液の分泌を活発にして、妊娠を継続させる働きをします。
 ■02 ある時期から急激に減るのが女性ホルモンの特徴
〜30代後半になると、女性ホルモンの分泌にも陰りがみえはじめます〜
女性ホルモンは生理が始まるころから分泌し続けられ、20代〜30代前半でピークに達します。この時期が、妊娠、出産にもっとも適した時期です。

ところが、女性ホルモンの分泌は30代後半になると徐々に減少し始め、40歳半ばを過ぎると急激に減っていきます。体のあらゆる組織と同様に、卵巣の働きも衰えてゆくためです。それに伴って起こるのが、更年期障害と呼ばれるさまざまな不快症状です。これに比べ、男性ホルモンは減少の仕方が緩やかなので、男性には女性ほどはっきりしたかたちで更年期の症状は現れません。
 ■03 体の変わり目世代ってどんな時期?
〜体の変化はだれにも起こること。きちんと受け止めて、しっかり健康管理を〜
30代半ば〜40代半ばは、女性ホルモンの減少の影響が心身に及び、それまで安定していた体の状態に、今までとは違う変化が現れ始める時期です。同時にこの年代は、女性にとってまさに成熟のとき。生活面では仕事や家庭における役割が大きくなり、充実している一方で、心身ともにストレスを抱え込みやすい時期でもあります。この時期に大切なのは、自分の体や心の変化をきちんと受け止めること。いつか来る更年期以降の人生をイキイキ元気に過ごすためにも、パートナーなど周囲の人の協力を得ながら、適切な健康管理とストレスマネージメントをしてゆきましょう。
このページのトップへ
キレイLAND!女性のカラダのはなしについてプライバシーポリシーご利用規約