selfdoctor.net plus キレイLAND!女性のカラダのはなし
「 selfdoctor.net plus」は「selfdoctor.net」の特集サイトです。
feature05:「冷え」対策がカギ! 最近、肩こり、腰痛がひどくなっていませんか?
「冷え」を防いで、肩こり・腰痛を改善しよう
女性の不調も肩こり・腰痛の原因に
チェック! その生活習慣が肩こり・腰痛を呼ぶ
「冷え」を撃退する服装・下着・靴選び
肩こり・腰痛に効くビューティー・ストレッチ&ツボ
監修
盛岡 頼子 先生
東京女子医科大学附属
東洋医学研究所 
内科医。医学博士。

もりおか・よりこ
東京女子医科大学卒業。内科2入局。東京女子医科大学大学院を修了し、2000年東京女子医科大学付属東洋医学研究所非常勤講師に。女性の冷えや慢性疲労、肩こりなどストレスによる不調、生理不順などを得意とする。

女性の不調も肩こり・腰痛の原因に

肩こりや腰痛は、女性にとくに多い症状です。それには、女性特有の体のメカニズムや、現代女性をとり巻く生活環境などが影響しています。不調を解消するために、女性と肩こり・腰痛の関係を理解しましょう。
01 なぜ、女性は肩こり・腰痛が起こりやすい?
02 気をつけたい子宮・卵巣の不調と腰痛
 ■01 なぜ、女性は肩こり・腰痛が起こりやすい?

女性に肩こりや腰痛が多い理由は、(1)体型(2)体質(3)環境の3つが挙げられます。現代に生きる女性は、誰もが肩こりや腰痛のリスクを抱えているといえます。

(1) 肩こり・腰痛になりやすい体型
筋肉が少ない…男性に比べて筋肉量が少ないため、首、肩、腰などに負担がかかります。とくになで肩の人や首が細い人は、頭や腕の重さを支えるために肩こりになりやすいものです。
骨盤内部の構造が複雑…女性の下腹部は子宮や卵巣などがあって構造的に複雑なため、血液が滞りやすく、全身的な血行不良を招く原因になります。

(2) 肩こり・腰痛になりやすい体質
冷え症や貧血の人が多い…血液が少ない人や体が冷えやすい人は、血行不良から肩こりや腰痛を生じやすくなります。
ホルモンバランスが乱れやすい…女性ホルモンの変動は自律神経の働きにも影響を与えるため、女性ホルモンの分泌が不安定な月経中や月経の前後、妊娠中、更年期などには血行も滞りがちで、肩こり・腰痛に悩まされる人が多くなります。

(3) 肩こり・腰痛になりやすい環境
ストレスが多い…仕事の負担や複雑な人間関係などによるストレスが、自律神経のバランスを乱し、肩こりや腰痛を助長します。
仕事の環境が悪い…長時間のパソコン操作による筋肉疲労や目の疲れなどが肩こり・腰痛の原因になります。また、冷房の利いたオフィスで体の冷えをため込み、血行不良や自律神経の乱れから不調を起こす人が増えています。
血行を悪くするファッションが多い…ミニスカートやノースリーブなど肌を露出するファッション、体を締めつける服や下着、ハイヒールなどが血行不良や冷えを招きます。

 ■02 気をつけたい子宮・卵巣の不調と腰痛
月経に関係して起こる腰痛は、女性特有のものです。月経中に下腹部や腰が痛んだり、月経前後に腰が張る感じがしたり、重苦しく感じたりするのは誰にでもあること。ただし、痛みがひどくて市販の鎮痛剤では治まらないほどだったり、生活に差し支えるような場合は、子宮や卵巣の異常を告げるサインかもしれません。次のような病気も考えられるので、早めに婦人科を受診して、原因を確かめましょう。
子宮筋腫
<こんな病気です>
子宮の内側や外側にコブのような筋肉の塊ができる病気です。良性の腫瘍で、30代以上の女性に多く見られます。
<症状>
初期にはほとんど無症状ですが、筋腫が大きくなってくると、月経痛が強くなったり、月経血の量が多くなったりします。
子宮内膜症
<こんな病気です>
子宮内膜の組織が卵巣や卵管など子宮以外のところに発生し、周囲の組織と癒着を起こす病気です。20代後半〜40代の女性に増えています。
<症状>
下腹部痛や腰痛がある時期からだんだんひどくなり、月経血量も増えてきます。排便痛や排尿痛、性交痛を感じることもあります。
卵巣のう腫
<こんな病気です>
卵巣に水などがたまって腫れる病気で、卵巣にできる腫瘍のうち良性のものをいいます。
<症状>
多くは無症状ですが、のう腫が大きくなってくるとお腹が張るような感じや下腹部痛が起こることがあります。頻尿や残尿感を伴うこともあります。
月経困難症
<こんな病気です>
月経に伴う不快症状が強い場合にこの病名が使われます。ホルモンバランスの乱れが原因で起こり、血行の悪い人によく見られます。
<症状>
下腹部の圧迫感や痛み、腰痛、頭痛など。
無理なダイエットが原因の肩こり・腰痛
極端な食事制限や単品だけを食べ続けるような誤ったダイエットは、肩こり・腰痛の原因にもなるので注意が必要です。
食事を減らすと体を温めるためのエネルギーが不足し、体が冷えやすくなります。また、栄養不足から筋肉の量が減って疲れやすくなり、ホルモンや自律神経のバランスにも変調が。その結果、肩こりや腰痛をはじめ、さまざまな体の不調が引き起こされることになるのです。ダイエットに運動を取り入れると、基礎代謝がアップしてやせやすい体質になるだけでなく、血液の循環がよくなり、肩こりや腰痛の解消にも役立ちます。
このページのトップへ
キレイLAND!女性のカラダのはなしについてプライバシーポリシーご利用規約