selfdoctor.net plus キレイLAND!女性のカラダのはなし
「 selfdoctor.net plus」は「selfdoctor.net」の特集サイトです。
feature07:〜眠りは美容の特効薬〜 美人をつくる快眠術
キレイと眠りの深い関係
知っておきたい眠りのメカニズム
あなたは快眠できる人?できない人?
眠り美人をつくる生活術
実践!快眠のテクニック
監修
池上 あずさ 先生

いけがみ・あずさ
1989年 佐賀医科大学医学部卒業。鹿児島生協病院、くわみず病院等で一般内科・呼吸器科専攻
2002年よりくわみず病院内科診療部長
2002年 同病院にて睡眠呼吸障害外来、女性外来を開設
日本睡眠学会認定医

キレイと眠りの深い関係

時間に追われ、何かとストレスの多い現代社会では、気持ちよく眠るという当たり前の行為が難しくなっています。睡眠がきちんととれていないと、体にも心にもさまざまなダメージが現われることに。元気とキレイのために、あなたの「眠り」を見直してみませんか?
01 こんな症状ありませんか?
02 眠りは体と心のメンテナンス工場
03 美人は夜につくられる
 ■01 こんな症状ありませんか?
 ■02 眠りは体と心のメンテナンス工場

ぐっすり眠った翌朝は体調がよく、気分もさわやか。睡眠は、心身の疲れを回復し、明日に備えてメンテナンスするためになくてはならないものです。

とくに疲れた大脳を休ませることは、睡眠の一番の役割。体の疲れは安静にしていればある程度回復しますが、大脳は意識がある間はフル活動していて、睡眠をとらない限り休むことができないからです。

睡眠中に十分に脳の疲労が回復すれば、集中力が高まり、感情も安定します。また、内臓の働きや細胞の新陳代謝も活発になり、免疫力もアップして、病気に対する抵抗力も高まります。私たちが健康を維持していくために絶対に必要なもの、それが睡眠です。

ただいまメンテナンス中!
 ■03 美人は夜につくられる

睡眠中にはさまざまなホルモンが分泌されますが、細胞の再生や子どもの発育に大切な成長ホルモンもその1つ。成長ホルモンは睡眠中の質が悪いと十分に分泌されず、その結果、細胞がスムーズに再生されなくなり、肌は水分不足状態に。肌荒れ、くすみ、目の下のクマなどのトラブルが起きてしまいます。

眠りには女性の健康を強力にサポートする女性ホルモンも大きく関連します。女性ホルモンも睡眠中にもっとも多く分泌されるので、睡眠不足や睡眠リズムが乱れると月経不順など月経にまつわるトラブルや骨密度の低下を招いたり、肌の乾燥や髪のぱさつきなど美容にも影響を与えることになるのです。

女性が女性らしい美しさを維持していくためには、よい睡眠をしっかりとることが大切なのはこのためです。

ここがポイント
「時間の経過と成長ホルモンの分泌量」
成長ホルモンは寝入ってから2〜3時間後に分泌が最も高まる。
このページのトップへ
キレイLAND!女性のカラダのはなしについてプライバシーポリシーご利用規約