selfdoctor.net plus キレイLAND!女性のカラダのはなし
「 selfdoctor.net plus」は「selfdoctor.net」の特集サイトです。
feature10:体と心の代謝を上げるサプリの力 健康美の秘訣はビタミンB群にあり!
サプリメントはアンバランス解消の救世主!
正しい知識を身につけて、効率よくキレイになろう
健康美の強力サポーター、ビタミンB群!
4つの代謝作用でキレイをつくる
監修
佐藤 務 先生
[稲毛病院整形外科・健康支援科部長]
佐藤 務先生
さとう・つとむ

1963年生まれ。91年、宮崎医科大学卒業。内科・外科・整形外科・麻酔科・ペインクリニック・漢方・鍼灸と幅広い分野を研修後、95年より稲毛病院整形外科勤務。ビタミン外来や健康支援科を併設し、総合医療を展開。現在、稲毛病院整形外科・健康支援科部長。昭和大学医学部講師兼任。著書に『代謝革命』 (講談社プラスα新書)、『心と体を強くするサプリメント活用法』 (日東書院)
など多数。

サプリメントはアンバランス解消の救世主!

ビタミンB群がいかに、エイジングケアや生活習慣病の改善に効果を上げるかを見る前に、サプリメントの疑問を解消しておきましょう。
01 なぜ今、サプリメントを飲むべきなの?
02 こんなにたくさん!サプリメントとして販売されている栄養素の種類
 ■01 なぜ今、サプリメントを飲むべきなの?
千葉県・稲毛病院の整形外科医で「ビタミン外来」の担当医である佐藤 務先生。佐藤先生は、10年以上にわたり、子どもから高齢者まであらゆる年齢層にサプリメントを利用することで、さまざまな症状のケアに効果を上げてきました。

そもそもサプリメントとは、栄養を補う食品のこと。"足りない栄養は、食事だけで補えばいいのではとか"サプリメントに頼りたくないなどと思われがちですが、現代社会に暮らす私たちにとって、なぜサプリメントが必要なのでしょう。この疑問について佐藤先生はこう答えます。

「それは簡単なことです。現代の食品は素材そのものの栄養価が低く、さらに頻回の加工により、ビタミンなどの副栄養素が溶けたり壊れたりするからです。栄養補給としての食の概念は根本から崩れています。調理によっても栄養は減ってしまうのです。また、栄養の吸収率が食品とサプリメントでは違います。例えば葉酸の場合、サプリメントで摂れば吸収率は85パーセントですが、食事からでは50パーセントしか摂れません」。

ということは結果的に、いくら食生活に気を遣っても、カロリー過多に対し、副栄養素の不足というアンバランスに陥るのは当然のなりゆき。「食べ過ぎてもいないのに太っている人は、そうしたバランスの悪さが一因であることが多いのです」と、佐藤先生。

このアンバランス解消の一救世主がサプリメントです。とくに、心身の代謝を上げるのにビタミンB群は大きな働きをします。
 ■02 こんなにたくさん! サプリメントとして販売されている栄養素の種類
現在、サプリメントとして販売されている栄養素や成分には、どんなものがあるのでしょう。
以下に挙げたのはそのほんの一部。どのサプリメントも体に必要な理由があります。
とはいっても、すべてを飲むのはもちろん無理。本当に必要最低限のサプリメントは一体どれ?



■ビタミン
ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンKなど


■ミネラル
亜鉛、鉄分、クロム、セレン、マグネシウム、カルシウム、リンなど


■アミノ酸
ロイシン、アスパラギン、リジン、グルタミン、チロシンなど


■必須脂肪酸
α-リノレン酸、EPA、DHA、アラキドン酸


■その他
コエンザイムQ10、クロレラ、青汁、アロエ、クランベリー、卵黄コリン、ケール、ケフィア、マカ、ウコン、メラトニン、コラーゲン、パパイア、ヒアルロン酸、高麗人参、大豆イソフラボン、ノニ、クエン酸、ビール酵母、乳酸菌、アガリスク、アセロラ、ドコサヘキサエン酸、マイタケ、イチョウ葉、食物繊維ほか


サプリメント・ピラミッド オプショナルサプリメント 特定の病気や症状に対して利用するサプリメント(動植物に由来する成分・ハーブなど) 健康の増進や生活習慣病の予防のための成分(抗酸化ビタミン類[CやE]の追加。マルチカロテンなどファイトケミカル類、その他、植物由来の成分など) ベーシックサプリメント 原則として、年齢や性別に関わらず、毎日摂るべきサプリメント(ビタミンB群を中心としたマルチビタミン、マルチミネラル、カルシウム) 適切な食生活と運動習慣を基本としたライフスタイル
このページのトップへ
キレイLAND!女性のカラダのはなしについてプライバシーポリシーご利用規約