selfdoctor.net plus キレイLAND!女性のカラダのはなし
「 selfdoctor.net plus」は「selfdoctor.net」の特集サイトです。
feature10:体と心の代謝を上げるサプリの力 健康美の秘訣はビタミンB群にあり!
サプリメントはアンバランス解消の救世主!
正しい知識を身につけて、効率よくキレイになろう
健康美の強力サポーター、ビタミンB群!
4つの代謝作用でキレイをつくる
監修
佐藤 務 先生
[稲毛病院整形外科・健康支援科部長]
佐藤 務先生
さとう・つとむ

1963年生まれ。91年、宮崎医科大学卒業。内科・外科・整形外科・麻酔科・ペインクリニック・漢方・鍼灸と幅広い分野を研修後、95年より稲毛病院整形外科勤務。ビタミン外来や健康支援科を併設し、総合医療を展開。現在、稲毛病院整形外科・健康支援科部長。昭和大学医学部講師兼任。著書に『代謝革命』 (講談社プラスα新書)、『心と体を強くするサプリメント活用法』 (日東書院)
など多数。

正しい知識を身につけて、効率よくキレイになろう

私たちが持っている知識は本当に正しいものなのでしょうか。
知っているようで知らなかったサプリメントの常識。あなたのその飲み方では、効果は半減、ということになっていませんか。
正しい知識があってこそ、サプリメントはあなたの食生活の不足を補ってくれるのです。
01 サプリメントの知識度チェック
02 なぜ現代の野菜力はサプリに負けているの?
03 症状別に単品でサプリメントを補給してもダメ!
 ■01 サプリメントの知識度チェック
あなたは本当にサプリメントを知っていますか?! 下記は全てNG。正しい知識を身につけましょう。

NG!
「新鮮な野菜と魚介類をたっぷり食べているからサプリメントは不要です」
「気分がふさいで、うつっぽい。サプリメントを飲んでも変わらないでしょう」
「10代の娘と70代の祖母が同じ種類と量のサプリメントを飲んでいます」
「肌荒れが気になるので、コエンザイムQ10だけは飲んでいます」
「サプリメントをきちんと摂っているから、食事には気を遣いません」
「やせたいので、ダイエットサプリを飲んで食事を減らしています」
「疲れ気味なので、疲れをとるというビタミン剤だけを飲んでいます」

 ■02 なぜ現代の野菜力はサプリに負けているの?
野菜をたっぷり食べているからサプリメントは必要ない。こういえたのは過去の話。野菜の栄養素が20年前とは比べ物にならないくらい減っているのをご存じですか。その最大の理由は、作物を繰り返し作ることで土が酸性化し、土壌が野菜の栄養素をつくれなくなってしまったため。また、ハウス栽培や水耕栽培の野菜は、露地栽培に比べ栄養素が少なくなります。
ビタミンやミネラルは、水や熱、光に弱い性質を持っています。野菜を水にさらしたり、火を使って調理する過程で、栄養素は流れ出したり、壊れたりしています。もともと栄養価の低い野菜を調理すれば、野菜に残る栄養素はほとんどないとさえいえるのです。といって、野菜を食べなくてもいいということはありません。野菜には、ファイトケミカルと呼ばれる栄養素以外のさまざまな有用成分が含まれているからです。これらは、サプリメントではまだ補給できません。



野菜の栄養素は大きく減少
右図のように野菜によって差はあるもののおおむね50 年前と比べ、栄養素は確実に減ってきている。食べやすくするための品種改良、早く収穫するための合理的農法なども栄養価を低くしている原因。そもそも管理栄養士などが食べた食品から栄養摂取状態の判断をしても、食べ物の偏りや栄養摂取の傾向は分かるものの、実際に体に摂取された量は分からないのが実情。


日本食品標準成分表にみる野菜の栄養価の変化




わずかな栄養素を損なう3つの要素
生命を維持するためには、自分以外の動植物を食べるしかない。だから、動植物は種の保存をするために毒素や臭み、アレルゲンを持つことで食べられることを防いでいる。しかし、人間はさまざまな加工技術を武器に解毒、殺菌、アレルゲンの不活化を実現した反面、副栄養素を損なっているともいえる。さらに現在の食の価値観は食の安全性とおいしさ、という精神性を重視するあまり、食が栄養取得の場であることをないがしろにしてしまう傾向にある。この現代食の弱点の克服に誕生したのがサプリメントと考えられる。
 ■03 症状別に単品でサプリメントを補給してもダメ!
サプリメントは薬ではありません。その意味は、一定の症状の軽減を目的に飲んでも、改善効果は望めないということ。半年、1年と長い時間をかけて、心身全体のコンディションをつくっていくのがサプリメントの働きだということを認識しましょう。

「昔はサプリメントでカルシウム剤を摂れば骨が強くなるといわれましたが、それは他の骨の栄養素が十分に摂れている場合の話です。今はそのようなことはほとんどありません。他の栄養素が摂れていないのに、カルシウムだけ特化して飲んでも効果はありません。ビタミンCだけを飲んでシミを消そうというのもまやかしだと思います」と佐藤先生は言います。

もう1つサプリメントと医薬品のビタミン剤が違うのは、サプリメントは、飲むだけでは期待する効果は得られないということ。「運動などをして栄養素を代謝させて初めて、効果が生きてきます」。一方、薬事法によって効果が現れるように使い方が定められているのが医薬品のビタミン剤。こちらは内服するだけで効能が期待できますが、症状が治まったら服用をやめるものです。

医薬品のビタミン剤
薬事法で規定され、治療や予防を目的とした薬理作用を持つ。医薬品として販売されていて、効能や用法・用量が定められており、使用上の注意に従って服用する。
違いは何?

サプリメント
副栄養素の不足を補い、スムーズな生命活動を助けるために開発されたもので、食品の一種(栄養補助食品)。一種類だけ飲むというより、不足している栄養素を全体的に補い、さらに食事や睡眠、運動など、ほかの生活習慣の改善も同時に必要。




かぜ気味だからビタミンC を飲もうかしら…


<昔は野菜の栄養素が多く、ビタミン類がきちんと摂れていた>

食べ物からさまざまな栄養が最低必要量以上を摂取できていたころならば、より理想量に近づけるために、また、目的のために理想量以上に単独のビタミンを補給することで症状の予防や改善が期待できた。

<現代は野菜の栄養素が減り、ビタミン類が摂りにくい>

野菜に含まれるビタミン量が全般的に減少している昨今では、最低必要量を満たすこともままならない。これでは、いくらかぜにビタミンC が必要だからと、それだけを飲んでも意味をなさない。


このページのトップへ
キレイLAND!女性のカラダのはなしについてプライバシーポリシーご利用規約