Q07 アトピー性皮膚炎の原因は?

乳児期の場合、多くは卵や牛乳などアレルゲンとなる食品が未消化で吸収されるために起こります。3歳を過ぎるとダニやその死骸、糞、卵に含まれるタンパク質が皮膚の奥まで入り込んで発症するケースが増えます。 アトピー性皮膚炎の患者は、皮膚のバリア機能が低下しているため、ほこりやカビ、ペット、衣服との摩擦、発汗などが刺激となって、症状が悪化するケースもあります。ストレスや過労も誘因となるので要注意。 また。妊娠中から卵や牛乳などを除去した方がいいという考えもありますが、明らかにされていません。