Q08 病院での治療法は?

病院では、問診と血液検査、皮膚反応テストなどを行って原因や危険因子を探し出し、それぞれに合った治療を行います。
●炎症を抑える……一般に、重い症状にはステロイド(副腎皮質ホルモン)剤の外用薬(塗り薬)を短期間使用し、軽減したら非ステロイド系抗炎症剤を使用。
●かゆみをとる……内服薬の抗ヒスタミン剤と抗アレルギー剤が効果的。
●漢方薬……ステロイド剤などで症状を抑えた後、補助的に使うのが一般的。柴木湯(さいぼくとう)、柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)など。
●除去食療法……一定期間、原因となる食品を避け、耐性を作る治療法。 加えて、病院ではスキンケアや、生活環境を整える指導も行います。