Q11 除去食療法の進め方は?

最近、「とりあえず動物性タンパク質を制限しよう」などと、自己流の除去食を行って栄養失調を起こすケースが増えています。 除去食療法は、検査(血液検査など)と家庭でつけた食物日記、「食物除去試験」などでアレルゲンを確認した後、医師の指導の基に行うことが基本。除去食療法を進めながら、3~6ヶ月ごとに血液検査を行い、耐性ができたら、過熱したものを週1回摂ることから始め、少しずつ普通の食事に戻します。