Q07 骨粗鬆症は防げないの?

老化による骨量の減少は誰にでも起こることですが、最大骨量が高ければ、骨量が減っても骨粗鬆症になる危険ゾーンに入ることはありません。最大骨量を高くするためには子どものころから栄養、とくにカルシウムをしっかりと摂ることが大切です。また、骨量が減少しはじめてからも、生活習慣を改善することで減少のカーブを緩やかにし、骨粗鬆症を予防することとが可能です。