Q12 骨粗鬆症を予防する食事法は

まず、骨を作る材料であるカルシウムを、食事で十分に摂取することが大切です。日本人に必要なカルシウム量 は成人で1日700ミリグラムとされていますが、これは最低限必要な量に過ぎません。カルシウムの吸収率が落ちる高齢者や閉経後の女性、妊娠中や授乳期の女性などは、1000ミリグラムは摂るように心掛けましょう。 また、マグネシウムは骨と骨をつなぐ軟骨に多く含まれており、不足すると骨の形成にダメージを与えます。マグネシウムは1日に300ミリグラムを目安に摂りましょう。