Q03 自律神経失調症と間違えやすい病気は?

自律神経失調症と、もっとも間違えやすい病気が「仮面うつ病」です。仮面うつ病はうつ病の一種で、不眠や食欲不振、倦怠感などの症状が前面に出て、精神的な症状が隠れているため、よく自律神経失調症と間違われます。