Q07 家庭でできる肩こりの手当ては?

熱をもつ急性の痛みには冷やして炎症を抑え、慢性的な痛みには温めて筋肉の緊張をほぐし、血行を促進することが基本です。 冷やすときは、アイスパック(ビニール袋に氷と水、塩少々を入れたもの)を患部に当て、丸く円を描きながら約20分冷やします。 温める方法としては、蒸しタオルをビニール袋に入れ、乾いたタオルの上から患部を包み込むように当てます。38~40度のお風呂にゆっくり入ったり、シャワーでお湯と水を交互にかける方法も効果的です。