Q03 サプリメント(栄養補助食品)はなぜ必要なの?

ビタミンが不足すると、まず体内の組織のビタミン量が低下し、血液中のビタミン量 の低下へと進むと、さまざまな不快な症状を引き起こす「潜在性ビタミン欠乏症」となります。おもな症状は、疲れやすい、全身の倦怠感、動悸、息切れなどです。食物でビタミンを十分に摂取できない場合、サプリメント(栄養補助食品)でビタミンを補うことが、潜在性ビタミン欠乏症の予防・解消に有効です。