Q06 パーマやカラーリングのトラブルを防ぐには?

毛髪の損傷を最小限にとどめるには、自分の髪質や毛髪の損傷状態などに合ったパーマ液やカラーリング剤の種類を上手に選ぶ美容室を選ぶことが大切です。事前に毛髪診断をしてくれるところはおすすめです。
カラーリングをする場合、明るい色調に染めると脱色を強くしなければならないため、 傷みもひどくなるので要注意。パーマとカラーリングを同時に行うと、毛髪の損傷も倍増しますので、1週間は間隔をあけましょう。